これからの教育・学校

「中学生・高校生らしくない」

子どもはよく、校則を例に挙げて「なぜこの校則があるのかなのか」というような質問をぶつける。そこでよく出てくる教員の答えに「中学生・高校生らしくない」という言葉がある。学校のルールを強要する側にとっては、非常に使い勝手のいい言葉である。漠然と...
Garudaの考え方・意見 / my opinion

若手の教員から見たツーブロックヘアの校則について

若手の男性で、ツーブロックヘアにしたいと思っている若手は一定すると思っている。しかしながら、校則として生徒にツーブロックヘアを禁じている学校が多い。このような校則があるゆえに、教員側が悪い見本になってはいけないということで、教員にもツーブロ...
これからの教育・学校

頭髪に関する校則

学校の頭髪のルールでよくあるものに「女子の髪の毛が肩より長い場合はゴムで結びましょう。」「ツーブロックヘアはやめましょう。」「髪を染めてはいけません。」「髪の毛は耳にかからないようにしましょう」がある。これらは本当に学校に必要なルールなのか...
スポンサーリンク
教員・大人向け

フィンランド式教育の入門書 フィンランド式頭のいい子が育つ20のルール 【学校においてほしい本】

フィンランド式頭のいい子が育つ20のルール  フィンランド式頭のいい子が育つ20のルール posted with ヨメレバ 小林朝夫 青春出版社 2009年06月10日頃 楽天ブックス Amazon ...
公立学校・教育事情

校長の人間性

私の父親は公立中学校の校長であった。父親のことは一教員として、とりあえず尊敬はしている。だが、目の上のたん瘤のような存在でもある。今回は、息子が思う校長の特徴・人間性を述べていく。私の父親だけに当てはまることかもしれませんが、普段父親を見て...
中学校英語指導案

第1学年 英語科学習指導案 第1回目授業 自己紹介 

中学校第1学年英語科学習指導案 1学期 第1回目授業 自己紹介  持ち物 配布教材 ファイルなど 展開 指導過程 生徒の活動と発言 教師の活動と発言 Greeting (5minute)...
これからの教育・学校

タブレットPCの導入により変わること

学校の中でも様々なIT機器を使えるようになってきた。技術が発展するにつれて、さらに便利なものが授業でも使えるようになるだろう。教員は様々な道具を使って、効率のよい授業をすることができる。教員が新しいものを積極的に取り込んでいくことで、生徒の...
Garudaの考え方・意見 / my opinion

人口減少と英語教育

日本は現在、少子高齢化の問題に直面している。由々しき問題である。日本はこの問題の改善に真剣に取り組まなければならない。もちろん子どもがいなければ教員も必要ないので、教員も無視できない問題である。 私は中学生に英語を指導していた...
これからの教育・学校

アマチュアによる部活指導

学校は部活動のシステムをやめるべきであると私は考えている。理由はいくつもあるが、今回は若手の視点から部活動をやめるべき理由述べていく。 4月1日、はれて学校に着任すると、教員は部活動の顧問を任される。初任者はほとんどの場合、顧問となる...
これからの教育・学校

性教育

学校の授業で、性教育についてもっと丁寧に指導していかなければならない。私自身、公立中学・高等学校の保健体育の授業で性教育についての授業を受けてきた。しかしながら私は、女性の性について理解しきれていないことが多いと感じることが多い。だが同時に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました