東京都教採 本論の「(柱)・論・(例)・策」の柱と論の書き方【東京都の教採は独学でなんとかなる】

スポンサーリンク

記事概要 東京都の教員採用試験の、1次試験の一つである論文を書く際には、「序論・本論・結論」の順番で論文を書くと、1次試験に合格しやすいものです。今回は、論文の中で最も重要な「本論」を構成する要素である「(柱)・論・(例)・策」のうちの、「柱」と「論」について解説します。
 そもそも「序論・本論・結論」を知らないという人はこちら

教採の論文の基礎『序論・本論・結論』【東京都の教採は独学でなんとかなる】
記事概要 東京都の教員採用試験の、論文の書き方を説明します。今回は論文の「序論・本論・結論」のバランスを数字を使って説明していきます。 東京都の論文試験の概要についてはこちら 東京都の教員採用試験の論文の基礎 『序論・本論・...
スポンサーリンク

今回の「(柱)・論」の例

 本論の構成要素である「(柱)・論・(例)・策」の例を紹介するために、
東京都の教員採用試験の、令和3年度の一般選考の論文問題 令和3年度 論文問題Ⅰ A問題 
の問題文を引用します。

令和3年度 論文問題Ⅰ A問題
A 次の記述を読み、下の問題について、論述しなさい。
 年度初めの職員会議で、教務主任から、昨年度末に実施した生徒アンケートでは、「自分の考えや質問を述べて、積極的に授業に参加している」や「根拠や理由を明確にして自分の考えを述べることができる」に肯定的な回答をした生徒が少なかったこと、また、教科主任会では、複数の教科主任から、「授業で学んだ内容を自分なりに解釈したり、これまで学習した知識と結び付けて自分の考えを形成したりすることができていない」ことが課題として挙げられたとの報告があった。
 その上で、教務主任から、「今年度、各教科等の指導において、『言語活動の充実を図り、言語能力の向上を目指す』を重点事項にしたいと思います。」と示された。
 職員会議終了後、教務主任からあなたに、「先ほどの重点事項に基づいて、どのように学習指導に取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と話があった。
問題
 教務主任の発言を受けて、あなたならどのように学習指導に取り組んでいくか、志望する校種と教科等に即して、具体的な方策を二つ挙げ、それぞれ10行(350字)程度で述べなさい。また、その方策を考える上での問題意識を明確にし、全体で30行(1,050字)以内で論述しなさい。ただし、26行(910字)を超えること。
引用 東京都教育委員会 令和3年度東京都公立学校教員採用候補者選考 第一次選考

 実際に私Garudaが書いた、令和3年度の一般選考の論文問題 令和3年度 論文問題Ⅰ A問題の論文はこちら

東京都教採 令和3年度 一般選考の論文A問題及び解答例 完成形
記事概要 令和3年度の東京都教員採用試験の、問題Ⅰの一般選考のA問題の論文の解答例です。東京都の公立中学校か高校(論文問題の小学校全科以外の校種等・教科)の教員を志望する人が受験する試験問題です。私Garudaが書いた論文ですが、十分に1次

本論の「柱」の書き方

  •  東京都教員採用試験の論文で使う「柱」とは、「この方針で、本論の論・例・策を展開していきますよ」という指針になるものです。記事概要の部分で(柱)と表しているように、「柱」自体は本論中に必ず入れなければならない要素ではありません。
  •  私Garudaは、「柱」を書いたほうが論文の軸がぶれない、読み手(論文の採点者)にとっても読みやすいと考えているので、教員採用試験の論文の本論を書く際には基本的に「柱」を入れています。
  •  柱は1行、つまり34字以内(改行の際にひとマス空けるので35字ではなく34字)で書かなければなりません。柱が2行以上になると、採点者は冗長に感じます。
  •  私Garudaは、「(策につなげる方法)をして、(必須部分)を目指す(狙う)」というような構成で柱を書いています。

必須部分についてはこちら

東京都教採 私Garudaの論文の序論の作り方【東京都の教採は独学でなんとかなる】
記事概要 東京都の教員採用試験の論文試験における私Garudaの、序論の内容の決め方を解説します。 論文の「序論・本論・結論」がわからないという人はこちら 序論と結論の考え方と書き方はこちら         ま...

私Garudaの論文の柱

 実際に私Garudaが令和3年度 論文問題Ⅰ A問題で書いた柱がこちら

  1. 生徒の学習意欲を高めさせ、言語能力の向上を目指す。
  2. 英語を話す機会と書く機会を増やし、言語能力の向上を図る。

私Garudaの柱の解説
 方策を2つ書かなければならない関係で、私Garudaの教員採用試験の論文には「(柱)・論・(例)・策」が2つずつ入ります。本論の1では「生徒の学習意欲を高めさせ」が策につながるような、本論の2では「英語を話す機会と書く機会を増やし」が策につながるような内容になっています。問題文の中で問われていることが「言語能力の向上」なので、この部分を「必須部分」として柱に挿入しています。

本論の「論」の書き方

     

  • 「論」とは、「こういう考え、方策、体験がある」ということを主張する箇所です。主に、「論」は「柱」の内容を解説するために使用することが多いです。教員採用試験の論文の本論において、「柱」は必須ではありませんが、「論」は必要なのは、このような理由があるからです。
  •  この「論」に関しては、「採点者が納得や共感できるような論」を主張しなければなりません。ある意味、教員として模範的な考えをもっているということをアピールする箇所でもあります。
  • 論の字数に関しては、60字~175字程度がよいでしょう。

私Garudaの論

 実際に私Garudaが令和3年度 論文問題Ⅰ A問題で書いた論がこちら

  1. 学習内容を定着させる最適な方策は、学習者自身に十分な「学習意欲」を持たせることである。学習するという意志こそが、生徒の言語能力を高める。
  2. 言語能力を鍛えるには、言語に触れる機会を増やす必要がある。特に、英語力向上には、「話す」と「書く」のアウトプットを行うことが重要である。

私Garudaの論の解説
 それぞれの「論」は、私Garudaが書いた「柱」を具体化する内容になっています。
 上段の「学習内容を定着させる最適な方策は、学習者自身に十分な「学習意欲」を持たせることである。」は応用が利く表現です。「論」だけではなく、序論の部分にも、「柱」の部分にも応用させることができます。
 下段は、私Garudaが教員採用試験で受験した教科の英語に焦点を当てて、「論」を構成しています。受験教科の話を展開するのであればやはり、教科の指導力や経験がものを言います。受験教科の「策」をうまく出せるようであれば、その勢いで「論」から「策」に展開できるとよいでしょう。

総括

 教員採用試験の論文の本論ですが、「柱」を立てるのが難しいようであれば書かなくてもいいので、まず「論」を上手に書けるように頑張りましょう。
「本論」を構成する要素である「(柱)・論・(例)・策」のうちの、例と策についてはこちら

東京都教採 本論の「(柱)・論・(例)・策」の例の書き方【東京都の教採は独学でなんとかなる】
記事概要 東京都の教員採用試験の、1次試験の一つである論文を書く際には、「序論・本論・結論」の順番で論文を書くと、1次試験に合格しやすいものです。今回は、論文の中で最も重要な「本論」を構成する要素である「(柱)・論・(例)・策」のうちの、例...
東京都教採 本論の「(柱)・論・(例)・策」の策の書き方【東京都の教採は独学でなんとかなる】
記事概要 東京都の教員採用試験の、1次試験の一つである論文を書く際には、「序論・本論・結論」の順番で論文を書くと、1次試験に合格しやすいものです。今回は、論文の中で最も重要な「本論」を構成する要素である「(柱)・論・(例)・策」のうちの、策...

コメント

タイトルとURLをコピーしました