東京都教採 令和2年度 一般選考論文B問題及び解答例 1回目

スポンサーリンク

記事概要 私Garudaが書いた、令和2年度の東京都公立学校教員採用試験の一般選考B問題の論文です。以前
書いたA問題の論文よりも圧倒的に良い論文になっています。A問題よりも書きやすかったです。
私Garudaが書いた、令和2年度の東京都公立学校教員採用試験の一般選考A問題の論文はこちら

東京都教採 令和2年度 一般選考論文A問題及び解答例 1回目 
記事概要 私Garudaが書いた、令和2年度の東京都公立学校教員採用試験の一般選考A問題の論文です。我ながら実際に論文を書いてみて、いかに論文書きなれていないかがよくわかりました。まあ実際のところ言い訳になってしまいますが、昨年の教採論文の...

令和2 年7 月 70分 論文問題 小学校全科以外の校種等・教科
問題Ⅰ
B 次の記述を読み、下の問題について、論述しなさい。
 あなたは生活指導・保健指導部に所属している。
 年度初めの生活指導・保健指導部会で、生活指導主任から、「昨年度行った生活に関するアンケートでは、『集団や社会のきまりを守ることができた』の項目で、否定的な回答が多くみられました。また、各学年の生活指導担当の教員からは、『教員から言われればきまりを守るが、きまりの意義を理解して、自ら守ろうとする意欲に欠ける生徒が多い。』や『日々の学校生活の中で、自律性が育まれていないのではないか。』との報告を受けています。そこで、今年度、生活指導・保健指導部として、『規範意識を高めるとともに、自律性を育む。』を重点事項にしたいと思います。」と報告があった。
 部会終了後、生活指導主任からあなたに、「先ほどの重点事項に基づいて、生活指導・保健指導部の一員として、どのように指導に取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と話があった。
問題
 生活指導主任の発言を受けて、あなたならどのように児童・生徒の指導に取り組んでいくか、志望する校種に即して、具体的な方策を二つ挙げ、それぞれ10行(350字)程度で述べなさい。また、その方策を考える上での問題意識やまとめを明確に書き、全体で30行(1,050字)以内で述べなさい。ただし、26行(910字)を超えること。
引用 平成31年度東京都公立学校教員採用候補者選考(32年度採用)問題・正答・配点
https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/static/kyoinsenko/saiyo_kako/data/h32/mondai36.pdf

スポンサーリンク

解答例


 私は生徒に、生徒が直面しうる学校内外の様々な場面で、どのような行動をとるべきなのかを考える機会を与えることで、生徒の規範意識を高めるとともに、自律性を育む。

 1 部活動やクラブ活動など学年をまたいだ活動を通じ、模範となることの意義を理解させる。

 学校生活の中には、1学年の活動だけで完結することではなく、他の学年と協力しながら活動する機会がある。立場や年齢が違う人と関わる際に、生徒たちにとってどんな行動が最適なのかを考えさせることは、生徒の模範意識の上昇と自立性を高めることにつながる。

 部活動の指導で私が行っているとき、上級生は話を聞いているものの下級生が話を聞いていないことがあった。私は下級生に、場面ごとに上級生がどんな行動をとっているかを考えさせたことにより、生徒全員が集中して話を聞くようになった。

 そこで、上級生は行動で下級生を引っ張っていくように指導する。教員が指導するのではなく上級生が行動の見本となることで、上級生の模範意識を高める。同時に、下級生には上級生の足手まといにならないような行動を心がけさせ、下級生自らがどのように行動するべきなのかを指導する。部活動において、上級生が下級生の手本になることを継続して指導し、上級生が手本となることを習慣とする。

 2 学校行事を通じ、模範意識を高めるとともに、自律性を育む

 学校行事の中には校外学習や運動会など、外部の人と関わったり、大人に見てもらったりするものがある。このような場で生徒に、生徒一人一人が学校の代表であるということ意識をもたせることが、生徒の自立性を育てる一番の近道である。

 全校朝礼の時、陸上競技大会に参加する生徒に対し校長先生がおっしゃった「我が校の代表として、頑張りなさい」という言葉に誘発され、大会会場に到着するまでの生徒のふるまいが素晴らしくかったという例がある。

 私は生徒に、行事を通じて生徒の成果を発表するような機会に「大人は子どもの結果だけを見ているのではなく、子どもの成長を見ている」ということを教える。さらに、生徒全員が主役であり学校の代表であるということも指導する。子どもは学校の代表として、自信の成長を大人に見せることができるように、自律の身につける。さらに、晴れ舞台で成長を見せるには日々の成長が欠かせないといことも教え、日進月歩、自律の精神を身に着けるように指導する。

 以上のことを意識し私は、生徒の規範意識を高めるとともに、自律性を育む。

計1014字

総括


 この論文は10点満点中、6~7点くらいです。序論と結論が極めて短いですが、論文の合格点は超えるといったところでしょうか。まあよく書けています。「校長の発言で生徒が動いた」というような採点者(東京都の公立学校の校長)に媚びを売るような文も、我ながらgoodです(「校長の発言で生徒が動いた」という内容で論文の評価が上がるかはわかりませんが)。この論文をもとに、校正を行います。
この論文の校正はこちら

東京都教採 令和2年度 一般選考論文B問題及び解答例 1回目の校正 
記事概要 私Garudaが書いた、令和2年度の東京都教員採用試験の一般選考論文B問題の論文の校正です。かなり良い論文になっています。 校正前の論文はこちら 令和2 年7 月 70分 論文問題 小学校全科以外の校種等・教科 問題...

コメント

タイトルとURLをコピーしました