PTAに参加することとしないことのメリットとデメリット 【これからのPTA】

スポンサーリンク

記事概要 教員の視点からの、PTAに参加することのメリットとデメリットについて解説していきます。
PTAとは(前回記事)はこちら

PTAとは 【これからのPTA】
記事概要 教員としてPTA活動に関わった経験から、公立学校のPTAについて解説していきます。 PTAとは  PTAとはParent(親)-Teacher(教師) Association(組合)の頭文字を集まりであり、児童生徒の保護者...
スポンサーリンク

PTAのあるべき姿

 PTAとは、子どものために活動するボランティア集団です。したがって、全てのPTA活動は、子どものために行うボランティア活動です。教員だけでは回らない業務や仕事を、PTA(保護者)に助けてもらっていることが実情です。

 この記事のタイトルには「メリットとデメリット」とありますが、PTAはあくまでボランティアの団体ですので、ボランティアの活動を行います。繰り返しとなりますが、PTAはボランティア団体であり、利益を追求して行動するものではないのです。
                       

PTAに参加することのメリット

メリットなんてそんなにない
 元教員であった私Garudaは、PTAに参加することが保護者にとって、それほどメリットがあるものだとは思いません。上記にもありますが、PTAには教員の仕事を助けてもらっています。これは紛れもない事実であり、教員としてもPTA活動の負担が多少あるときもありますが、教員の視点からすれば、PTAの存在や活動自体は非常にありがたいものです。

 インターネットで「PTA メリット」を調べてみると、「保護者同士でつながりができる」「教員と顔見知りになる」「地域との関わりをもつことができる」というような文言が出てきます。しかし、どれも副産物的なメリットがほとんどです。PTA活動を行うことの本質的なメリットを挙げれば、「子どものためになる可能性がある」「教員から感謝される」ということでしょうか。これ以外のメリットを求めている時点で、何かしらの下心があると言っても過言ではないかしれません。 

PTAに参加しないことのメリット

会費を払わなくてすむ

 PTAのある学校はどこでも、年度初めにPTA会費を徴収しています。金額はまちまちで、1000~3000円程度です。莫大な金額を徴収されることはありませんが、PTAに参加することで、会費を納める必要が生じます。PTAに参加しないことにより、金銭的負担を減らすことができます。

PTAの仕事をする必要がない

 PTAの会員になると、PTAの仕事を引き受けなければならない年があります。運動会などの学校行事の手伝い、ベルマークの整理、防犯パトロールなど、役割によって仕事内容は千差万別で、簡単な仕事があれば大変な仕事もあります。PTAに参加しないことで、以上のような活動を回避することができます。
主なPTAの仕事内容は、前回記事にあります。上段の記事をどうぞ。

人間関係の問題

 PTAに入らなければ、子どもの保護者との関わりは減るでしょう。「ママ友」というような関係性を作らなくてすむ可能性が高くなります。PTAに参加しないことにより、保護者同士の不必要な関係を築かずに済むかもしれません。

 正直なところ、PTAという組織が成り立っている限り、一人二人の保護者が未加入でも、PTAの活動にさほど影響はありません。他の会員に負担が多少増えるだけです。しかしながら、「PTAには入らずにいよう」、「じゃあPTAを抜けよう」という人が増えると、PTAという組織が成り立たなくなってしまいます。PTAがなくなるとどんなことが起こるのでしょうか。
この続きはこちら

PTAを廃止することで起こること PTAがないことのメリットデメリット 【これからのPTA】
PTAを廃止することで起こること PTAがないことのメリットデメリット 【これからのPTA】 記事概要 PTAがないことにより、学校・児童・生徒に影響することについて書いていきます。 PTAに参加することとしないことのメリットとデメリッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました