Indian Pokerを使った比較・最上級、同格の表現練習 英語科学習指導案

スポンサーリンク

記事概要 私Garudaが考えた、Indian Pokerを使って実現できたら面白そうな、比較・最上級、同格の表現を使った英語科の授業を紹介します。ぜひ、助言など意見ください。

 

 

スポンサーリンク

中学第2学年英語科学習指導案

 

使用教材 トランプ数組(生徒の人数とグループの人数分による)

授業の準備

・ある程度の板書計画

授業の目標

1 比較・最上級、同格の表現を使うことができる。

2 英語で発言をすることができる。

 

授業の流れ

指導過程 生徒の活動と発言 教師の活動と発言
挨拶(4分) Good morning.
I like ババ抜き the best.
old maid, old maid.
I like 神経衰弱 the best.
Good morning everyone. Let’s start 1 minute talk with your partner. Today’s topic is your favorite trump game. Start.
Mr. OO, what trump game do you like the best?
Oh, you like ババ抜き the best! ババ抜き is old made in English. Repeat old maid, old maid.
How about Ms.OO?
Good. 神経衰弱 is memory concentration or matching game in English.
英語で話すという下地を作る。
文法復習(5分) 比較・最上級、同格の表現を復習する。 比較・最上級、同格の表現を復習する。ゆっくりでいいので一通り文法の解説を行う。
Indian Poker 導入(2分)  
Poker?
 
 
By the way, my favorite trump game is…
(板書) Indian poker  Can you read this?
That’s right! I like Poker the best. I know Poker, rise your hand. (ポーカーのやり方を知っている生徒がいれば、一緒にIndian Pokerをやって、Pokerのやり方を見せる) Ok, let’s show the way to play indian poker.
Indian Pokerのやり方、ルール説明(10分) インディアンポーカーのやり方を理解する。
教員と一緒にやり方のモデルを見せる。
インディアンポーカーのやり方を説明する。生徒を使って、モデルとしてIndian Pokerを実際にやってみたほうが手っ取り早い。
I’ll tell you preparations for Indian Poker.
Preparation 1: Take out Jokers. (実際にトランプを見せながら説明)(生徒が手伝ってくれるようであれば、板書をしてもらう)
Preparation 2: Shuffle the cards. (実際にトランプを見せながら説明)
Preparation 3: Make groups of 3 or 4.
Now I’ll tell you the way to play (how to play) Indian Poker.
No 1: Everyone gets one card, but don’t look at your card.
(実際に見せながら。don’t look at your card.を強調して)
2. Put your card on your forehead. We can see each other’s cards without yours.
(ジェスチャーでも理解させる)
3. In one minute, talk in English. Don’t use Japanese. If you need, you can change your card until twice.
(Don’t use Japaneseを強調して言う。カードをチェンジすることを、ジェスチャーを踏まえて説明する。実際に時間を測ってIndian Pokerを生徒とやってみる)
4. One minute later, everyone puts the cards on the table. Compare the number. Ace is the strongest, 2 is the weakest. If you have the biggest number, you will win. So, who win in our group?
(モデルの生徒と一緒に実際にお互いのカードを見合い、勝敗を決める。勝敗の基準を教え、実際にだれが勝ったのかを生徒に聞き、生徒のIndian Pokerの理解度を確認する)
文法練習(5分) His number is the biggest of the three. Repeat×2
Their cards are stronger than yours.×2
Your card is as big as hers. ×2
Indian Pokerを行う際に、必ず使う表現を練習する比較・最上級、同格の表現を練習する。
I’ll give you 1 extra rule. Use these sentences.
No. 1: His number is the biggest of the three. Repeat×2
No. 2: Their cards are stronger than yours.×2
No. 3: Your card is as big as hers. ×2
(それぞれ板書)
In 1 game, use these sentences more than 1 time. Of course, you can change words like “His number is the smallest of the four.” “Your card is not as big as hers.”  Make your own phrases.
Indian Pokerの際に使うことができる、比較・最上級、同格の表現の発音(5分) 役に立つ表現を練習する。
発音する。

If you have Ace, you can win. So, if others have strong number, you need to change their mind. You should say something and change other’s cards. “To win Indian Poker, you need to know useful phrases.” Let’s study some phrases. Repeat everyone
How is my card?×2
You should change your card. ×2
Which is stronger, mine or hers? ×2
If you change, I’ll change, too. ×2
You don’t need to change your card. ×2
Your number is good.×2
Your number is worse than your last one.
必要があれば、意味を説明する。

Indian Pokerをやってみる(2分)
 
生徒間でIndian Pokerを行う。Indian Pokerを行っている1分間は、英語のみで会話をする。
 
Let’s start playing Indian Poker. Remember two things. “talk in English.”, “Use these phrases.” (板書された黒板を指さしながら)So, get one card and put your card on your forehead. Are you ready? Start.
タイムキーパーを務める。
生徒からの質問を受ける(1~5分) あなたがカードを替えるなら、私もカードを替えます、ってなんて英語で言いますか。
ゲーム後、表現に関する質問があれば質問する。
If you change your card, I change my card.
 
 
Finish. Do you want to know any other phrases? Do you have any questions? Japanese Ok.
Good question! 「~なら」はifを使ってみよう。If you change your card…?
That’s right! If you change your card, I will change my card.(場合によっては板書)
ゲーム1回ごとに小休止をとり、生徒に「これどうやって表現するの?」や「こういう言い方したいとかあるか?」を尋ねる。生徒から表現に関する質問があれば、他の生徒に答えを聞きながら、答えを出す。一通り生徒からの質問が終わったら、Indian Pokerを続ける。
1回ずつ小休止をとりながら、Indian Pokerを続ける(約15分) Indian Pokerを続ける。 授業の時間を逆算しながら、タイムキーパーを務める。時間を調整しながら、グループを変えたり、メンバーの人数を変えたり、時間を変えたりする。可能であれば、教員が人数の少ないグループに入ってもよい。
時間が余れば文法復習を行う 比較・最上級、同格の表現を復習する。 比較・最上級、同格の表現を復習する。ゆっくりでいいので一通り文法の解説を行う。

 

総括

 

 私Garudaが考えた、Indian Pokerを使って、比較・最上級、同格の表現を練習する英語科の指導案を考えてみました。生徒の実態に合わせて、Indian Pokerのルールややり方を変えてください。Indian Poker自体は、学級経営にも使えそうです。面白そうと思った方はどなたか、私の指導案を使って授業をやってみてくれると嬉しいです。授業をやってみてくださったら、ぜひ連絡ください。

Indian Pokerの指導案の応用はこちら

Indian Pokerの英語科学習指導案 応用
記事概要 私Garudaが考えたIndian Pokerを使って、比較・最上級、同格の表現を練習する英語科指導案の、応用方法を紹介します。 Indian Pokerを使った比較・最上級、同格の表現練習 英語科指導案はこちら ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました