日本の校則の成り立ち 校則が生まれた理由

スポンサーリンク

日本の校則の成り立ち 校則が生まれる背景 
記事概要 昨今話題に挙がる「ブラック校則」について解説していきます。今回は、学校において校則が生まれた経緯ついて解説していきます。
前回記事はこちら

日本の校則の成り立ち なぜ日本の校則は厳しいのか 
記事概要 昨今話題に挙がる「ブラック校則」について解説していきます。今回は、学校に校則が生まれた経緯(きっかけ・事情)について解説していきます。校則が生まれる際の考え方学校は責任を負いたくなく、リスクは可能な限り回避したい。 どんな些細なこ

勉強に不要なものを学校に持ち込んではいけない


 多くの公立学校では、「学校に不要なものは、持ち込んではいけない」という文言を校則に入れています。「当たり前だろう」と思うかもしれませんが、これは、学校側が無用なトラブルを避けたいからです。もし生徒が電子辞書を持参し、誰かが? 友達が? 自分で? 誤って壊してしまった場合、保護者から学校に対して苦情が来ることがあります。また、時計や携帯ゲーム機などを持ち込んで盗まれた場合、教師は犯人を捜さなければなりません。勉強に不要な高価なものを学校に持ってきて、トラブルが起こってしまっては、学校側も対処に困るのです。
 学校におけるリスクやトラブルに関しては、上段の前回記事を閲覧ください。

不良を育てない


1980年ごろから、不良と呼ばれるような生徒が増えてきました。生徒同士が争ったり、未成年の生徒がタバコを吸ったり、学校の備品を壊したり、いじめや売春が増えたり、違法薬物を服用したりする非行もでてきました。生徒が教師を殺すこともありましたし、教師が生徒を殺してしまったこともありました。言うまでもないことですが、教師が生徒を殺すような事故は許されざることです。しかし、このような事件や事故の裏には、教師が生徒を殺さなければ、生徒が教師を殺していたかもしれないという実情もあります。教師として安心して働くために、学校は校則を厳しくする必要がありました。

 無用なトラブルを避けるために、学校は生徒や保護者に「余計なものを学校に持ち込まないように」と主張します。ほとんどの公立学校では、スマートフォン、お金、お菓子、趣味のもの、携帯オーディオ、イヤホンなどを余計なものとし、学校には持ってこないようにと、生徒や家庭に伝えています。

「出る杭は打たれる」風潮


 日本人は「異端」「異常」「変わりもの」を嫌います。日本人には平等と調和を尊び、異端を排除する傾向があります。「出る杭は打たれる」という有名な諺があります。このことわざはある意味、日本人の特性を象徴する言葉です。異端児や異常児が優秀であっても、日本人は普通を強要するのが普通です。公立学校では、集団行動ができない、規則を守れない生徒には、教員が罰を与えることが多いものです。

 とにかく、日本の学校では、人と違うことをする生徒を制限する場合が多く、化粧をしたり、短いスカートをはいたり、髪を染めたり、前髪を長くしたりするような生徒は、公立学校では罰せられるでしょう。以上のことから、様々な校則が作られていきました。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました