東京都教採 2次試験の内容 【東京都の教採は独学でなんとかなる】

スポンサーリンク

記事概要 東京都の、公立学校教員採用試験の2次試験の詳細を説明していきます。

東京都公立学校教員採用試験の1次試験の内容はこちら

東京都教採 1次試験の内容 【東京都の教採は独学でなんとかなる】
記事概要 東京都の、公立学校教員採用試験の1次試験の概要を説明していきます。 東京都公立学校教員採用試験の2次試験の詳細はこちら 第一次選考の試験内容 1 教職教養 教育の歴史、教育の法律などに関する筆記試験です。60分...
スポンサーリンク

2次試験の内容

 東京都の教員採用試験の2次試験は面接試験です。教科と校種(小中高校)によっては、実技試験も含まれます。他の道府県の教員採用試験では「模擬試験」が2次試験の内容に含まれることが多いですが、東京都の教員採用試験は例年、面接試験によって合否が決まります(私Garudaは、受験生が非常に多い関係で、東京都の教員採用試験には「模擬試験」がないと推測します)。

面接試験の詳細

面接試験内容

受験生4~5人で行われる集団面接と個人面接の2つです。

時期

例年7月下旬もしくは8月上旬に試験が行われます。

試験開始時間

時間は午前の部と午後の部で分かれ、午前なら会場に8時過ぎに集合、午後なら会場に13時集合が多いです。

面接時間

集団面接と個人面接両方とも、30分ずつ行われます。

場所

会場は教科と校種によって異なり、都立の学校で面接試験が行われることが多いです。数年前私Garudaは、都立飛鳥高校と都立両国高校で行いました。

持ち物

面接試験の持ち物は主に
1 第一次選考結果通知書
2 面接票原本及びその両面コピー2部(計3部)
3 単元指導計画の原本及びそのコピー3部(計4部)
4 筆記具
5 上履き(試験会場が指定する場合)
6 受験票(第一次選考免除者の場合)
7 通歴帳表(特例の場合)
となっています(変更があるといけないのでご自身で確認してください)。コロナ禍の状況ですと、紙のマスクが持ち物に追加されそうです。

補足

第一次選考結果通知書は自宅に郵送されます。
服装についての指示はありませんが、無論スーツです。

実技試験の詳細

英語や保険体育、美術、音楽など受験する教科によっては、2次試験に実技試験があります(英語であれば、英語による面接。保健体育であれば、水泳や陸上競技など)。

面接内容

 
教科・校種によって異なります。

時期

 2次試験の面接とは別日に設けられます。実技試験は例年、9月上旬の日曜日に行われます。

持ち物

実技試験の持ち物は主に、
1 第一次選考結果通知書
2 筆記具
3 上履き(試験会場が指定する場合)
4 それぞれ教科・校種ごとにひつようなもの
となっています(変更があるといけないのでご自身で確認してください)。

総括

 東京都の教員採用試験の合格のために、2次試験の内容を把握しておきましょう。実技試験を受ける人は、第一次選考結果通知書を実技試験でも求められるので、面接試験が終わっても絶対に通知書を捨てないようにしてください。

集団面接(討論)試験の内容についてはこちら

東京都教採 集団面接(討論)試験の内容【東京都の教採は独学でなんとかなる】
記事概要 東京都の公立学校教員採用試験の、2次試験の集団面接(討論)試験の内容について説明します。  東京都教員採用試験の2次試験の内容はこちら  採用試験当日 集団面接(討論)の内容と流れ 集団面接部屋に入るまで  東...

仕事としての「公立学校教員」のメリットはこちら

仕事としての「公立学校教員」のメリット 【おすすめの教員免許】【打算的に考える教員としての生き方】
記事概要 私Garudaが考える、公立学校の教員としてのメリットを紹介します。 そもそもの公立小中高校の先生や教員のなり方はこちら 公立学校の教員になるメリット 私Garudaが考える、他の職業と比べたときの、公立学校の教...

コメント

タイトルとURLをコピーしました