読んで損をする人はいない 『スタンフォード式 最高の睡眠』

スポンサーリンク

スタンフォード式 最高の睡眠   西野精治

スポンサーリンク

概要

世界中の睡眠に関するあらゆる情報が集まる、アメリカのスタンフォード大学。この大学で睡眠について研究している著者西野精治さんが書く、最も効率の良い睡眠について書いた作品です。睡眠の偏差値が世界一低いと言われる日本に住む人たちに読んでほしい、今日本人に最も必要とされている実用書。

教員にぜひ知ってほしい睡眠の知識

・短時間睡眠は遺伝である
・日ごろの睡眠不足を1日2日で解決しようというのは、現実的に無理
・週末の寝だめごときで、睡眠負債は解決しない
・睡眠の問題を時間で解決するのは難しい
・「睡眠で一番大事なのはいつ?」と聞かれれば、それはやはり「最初の90分」。肝心なのは最初のもっとも深いノンレム睡眠に無事たどり着くこと。
・何時間寝ようが、最初の90分が崩れれば、残りも総崩れになってしまう。
・明け方まで仕事をしてから眠っても、「ベッドに入ってうとうとしたけれど、寝た気がしない」という、量が少ないうえに質も悪い状況に陥る。
・入眠時には手足が温かくなる。皮膚温度が上がって熱を放出し、深部体温を下げているのだ。
・スムーズな入眠に際しては深部体温と皮膚体温の差が縮まっていることが鍵
・深部体温と皮膚体温をより縮める方法として紹介したいのが、「入浴」
・入浴はその深部体温をも動かす強力なスイッチ
・入眠前の軽い運動も体温上昇効果がある。ただ、過度な運動をすると交感神経が刺激されるので入眠には不向きだ。
・「忙しくて、寝る90分前に入浴を済ませるなんて無理だ!」と言う人は、深部体温が上がりすぎないように、ぬるい入浴かシャワーですませよう。
・「1時間早く寝る」というのは睡眠禁止ゾーンへの侵入だから、かなり難しい。逆に、ふぉびどんゾーン現象を理解しているのであれば、「いつもどおり寝て、睡眠時間を1時間削る」ほうが、すんなり眠れて質が確保できる可能性が高い。
・夕食抜きは、眠りと健康にとってまさに「百害あって一利なし」なのだ。
・お酒には入眠作用があり、リラックス効果も望めるが、たくさん飲むとやはり呼吸抑制の作用が出てくる。

上記の内容で興味を持った箇所が一つでもあれば、ぜひ本書を読んでください。本書は絶対に裏切りません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました