「学び合い連帯責任」の授業の、成績への転換方法1

スポンサーリンク

記事概要 私Garudaが考えた、「学び合い連帯責任」の授業の、生徒の小テストの結果の成績への転換の仕方を説明します。

学び合い連帯責任の指導案はこちら

「学び合い連帯責任」 学び合い活動を導入した学習指導案
記事概要 私Garudaが考えた、アクティブラーニングの「学び合い活動」を使った授業の指導案です。あくまで、できたらいいなという理想の授業の例です。「学び合い活動」を活性化させるため、連帯責任制を利用します。 学び合い活動の概要については...

「学び合い連帯責任」の授業を行う際の注意点はこちら

「学び合い連帯責任」の授業を行う際の注意点
記事概要 私Garudaが考えた、「学び合い連帯責任」の授業を行う際に配慮するべき点についてです。 学び合い連帯責任の指導案はこちら ワークシートと小テストの問題のレベルをどうするか  授業の最初に行うワークシートよりも、...
スポンサーリンク

前提として

小テストの結果を成績へ転換することを考える前提として、

・学年の生徒全体を配慮する

・生徒の公平性を考慮する

・目標(生徒全体の学力を上げること)を常に意識する。

の3点を考慮する必要があります。これらの前提を考えると、成績への転換の仕方は千差万別であるということです。以下、私Garudaが考えた成績への転換方法はあくまで一つの例です。ですので、こういう学級と学年があるという設定で、成績への転換方法を考えていきます。

 

学び合い連帯責任を行う学級(クラス)と学年全体の実態

・学年で全3クラス30人学級、計90人学年
・学年には、どれだけ頑張っても勉強ができない生徒が10人(LDの可能性あり)
・学び合い連帯責任を行う「三人称単数現在」を十分に理解しているように見える生徒は約20人
・その他60人は、生徒自身が主体的に学習すれば、「三人称単数現在」の理解度を高めさせることが期待できそう。
・グループ(班)を作る場合、6~4人で1グループ程度の人数になる。
・ゆえに、グループを作ると1グループに一人はどう頑張っても勉強ができない生徒が入る可能性がある。

 

小テストの実態

・全て選択肢問題の10点満点
・ワークシートの問題をさらに易しくした問題なので、しっかり学び合い活動を行えば、十分に満点を取ることができる小テスト
小テスト詳細はこちら

「学び合い連帯責任」 ワークシートと小テスト
記事概要 私Garudaが考えた、アクティブラーニングの「学び合い活動」を使った「学び合い連帯責任」の授業のワークシートです。 学び合い連帯責任の指導案はこちら 学び合い活動の概要はこちら 三人称単数現在のワー...

 

公平性を保つための成績への反映の計算例

10点満点の小テストのうち、成績に転換する平均点を8点までにする

(例1) 6人グループの生徒のうち、5人が10点で1人が0点をとった場合、平均点は

{(5×10)+(1×0)}÷6=8.333…

になります。一人勉強ができない生徒がグループいたとしても、他の5人のが満点をとることで、平均点8点以上を出すことができます。

(例2) 5人グループの生徒のうち、4人が10点で1人が0点をとった場合、平均点は

{(4×10)+(1×0)}÷5=

になります。一人勉強ができない生徒がグループいたとしても、他の4人のが満点をとることで、平均点8点を出すことができます。

(例3)4人グループの生徒のうち、5人が10点で1人が0点をとった場合、平均点は

{(3×10)+(1×0)}÷4=7.5

になります。四捨五入をすると、7.5は8になります。これらの計算を考えると、4~6人グループで平均点8点以上を出すことは十分に可能です。

 10点満点のテストの成績への転換を8点までにすることで、グループの人数や生徒の能力にもよりますが、生徒の公平性を保つことができる可能性が高まります。生徒の学び合い活動の積極性を高めるためにも私Garudaは、この方法が一番「学び合い連帯責任」の授業に適していると感じます。

総括

 「学び合い連帯責任」の授業を行う際の成績への反映の仕方は、いくつでも考えられます。生徒、学級、学年の実態を鑑みて、最善の方法を考えましょう。計算の方法についておかしい箇所があれば、ぜひ私Garudaに教えてください。

転換方法2はこちら

「学び合い連帯責任」の授業の、成績への転換方法2
記事概要 私Garudaが考えた、「学び合い連帯責任」の授業の、生徒の小テストの結果の成績への転換の仕方を説明します。 学び合い連帯責任の指導案はこちら 成績への転換方法1はこちら 前提として 小テストの結果...

コメント

タイトルとURLをコピーしました