性教育

スポンサーリンク

学校の授業で、性教育についてもっと丁寧に指導していかなければならない。私自身、公立中学・高等学校の保健体育の授業で性教育についての授業を受けてきた。しかしながら私は、女性の性について理解しきれていないことが多いと感じることが多い。だが同時に、私だけが女性の性について理解していないわけでもないと感じている。全体として、日本人男性の女性の性に対する理解が乏しいと感じる。特に男性は、女性の生理に対してもっと適切な知識を持つべきである。

 

個人差はもちろんあるが、生理が来ると女性は体調が悪化したり、喜怒哀楽が激しくなったりする。加えて、生理は約1か月の周期で来る。私の周りでは、それすら知らない社会人もいる。男性が生理のことを知らないというのは、男性にとって身近なことではないからだと感じる。

 

個人差はあるが、小学校高学年から生理が始まる女の子もいる。ただ、日本の小学校の高学年の男の子は、同じクラスの女の子の体の変化にほとんど気づいていない。男の子は水泳の授業を休んでいる女の子の理由に見向きもしない。理由を考えても見当もつかないし、生理という概念を知らないので、いくら考えても答えに行きつかないからである。

 

異性の性について適切な知識を得るためにも、小学校3年生くらいからしっかりとした性教育を受ける必要がある。人間が性に興味を持つことは当たり前のことである、ということを幼少期から丁寧に指導し、異性について知っておくべきことをきちんと認識しておくことが大切である。ゆえに、男女で分けて性教育を行うのはいかがなものなのか。私は、男女で分けて性教育を行うことが、異性への理解の不十分さにつながっていると感じている。ここが日本の性教育の癌である。たしかに、センシティブな話題であることはわかっている。性教育の授業を行うこと自体難しいこともわかる。だが、センシティブであるがゆえに、ぼやかして指導するのもよくないと感じる。異性のことを「知らない」まま社会人になっていくのはあまりにも危険である。誰かが教えてくれるだろうからという考えでいると、大きな事故になりかねない。生理は、女性の体に当たり前のように起こる現象のことなのだから、隠すべきことではないと感じている。幼いときから、性に関することを勉強し、性のことを言うことは恥ずかしいことではないと教えることが大切である。

 

異性に関する理解が深まれば、社会における男女の平等にもつながってくると信じている。そして、幼少期からこのような指導が浸透すれば、LGBT問題への理解も深まっていき、現代に合ったより良い社会になっていくはずである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました