東京都教採 令和4年度一般選考 1次試験論文(小学校全科)問題及び解答例1

スポンサーリンク

記事概要 私Garudaが書いた令和元年度の東京都公立学校教員採用試験の、一般選考A問題の論文です。

問題
 あなたは、第5学年の学級担任である。
 年度初めの学年会における話合いの中で、学年主任から、「授業には真面目に取り組みますが、自ら進んで、学習する意欲に課題が見られます。」と報告があった。また、他の教員からは、「自分から興味・関心をもって学習し、疑問を調べて解決することに消極的ですね。」や「当番や係などの活動でも、もっと自分なりに工夫して積極的に取り組ませたいですね。」という意見もあった。
 まとめに、学年主任から今年度の学年経営の方針の一つとして、「自主的、自発的に学習したり活動したりする力を育む」が示された。
 学年会終了後、学年主任からあなたに、「先ほどの学年経営の方針に基づいて、学級経営の重点をどこに置き、どのように取り組んでいくか、具体的に考える必要がありますね。」と話があった

問題
 この事例の学校において、あなたはどのように学習指導に取り組んでいくか、志望する校種と教科等に即して、課題を明確にした上で、具体的な方策を二つ挙げ、それぞれ10行(350 字)程度で述べなさい。また、まとめを含め、全体で30行(1,050字)以内で論述しなさい。ただし、26行(910字)を超えること。
※ 引用 東京都教育委員会 令和4年度東京都公立学校教員採用候補者選考 第一次選考
https://www.kyoinsaiyopr.metro.tokyo.lg.jp/recruit/data/exam/r4/mondai34.pdf

スポンサーリンク

解答例

 私は、児童の自己肯定感を高め、自主的、自発的に学習したり活動したりする力を担当する全ての児童に育む。

1 自信をつけさせ、生徒が主体的に活動できるように指導する。

 いずれの活動においても、「成功した」という経験は自信につながる。その自信は生徒の自己肯定感につながり、生徒が主体的に活動する起源となる。ゆえに、生徒に自信をつけさせることによって、生徒が自発的に行動するようになる。

 委員会を決定する際に、自分の能力に懐疑的で周りに迷惑をかけてしまわないかと考え、立候補ができない生徒がいた。私は生徒に「とりあえずやってみよう。失敗は私がカバーする。」ということを伝え、生徒は委員会に立候補した。その後、委員会活動の度に生徒の活動をねぎらうことで、委員会のみならず普段の授業においても、生徒の主体性が上がった。

 私は、普段の生活の中からも、生徒の成果ではなく行動を褒め、生徒の自信をつけていく。生徒の努力や行動を褒めることで、すべての結果を「よくがんばった」とみなし、生徒の自己肯定感を高めさせる。さらに、その努力のなかでも、工夫して取り組んだものは終礼などで紹介し、学級全体で褒めてシェアし、生徒の柔軟に工夫して取り組む姿勢を養っていく。

2 自分のこれまでを見直す。

 人は目前にある課題の原因を、他者によるものと考えることが多い。児童の意欲や積極性に課題のある原因を、児童に求めるのではなく、自身の取り組みを振り返り、改善させることで、児童は主体的に興味・関心をもって学習し、また、係や当番活動にも積極的に取り組み、疑問点は調べ、解決するようになる。

 授業中に課した課題に積極的に取り組まない生徒がいた。そこで、その児童の興味関心を探り、授業の導入を工夫し、児童の興味を引き付けることで、その児童が課題に取り組むことがスムーズになったことがあった。

 そこで私は、児童に適した指導を工夫する。生徒間の流行などを調べ、生徒の興味関心を引く教材を使用する。加えて、授業のない時間に、先輩教員の授業を見学させていただき、普段の自分の授業を顧みる。さらに、研修にも積極的に参加し、そこで得た知見を参考にしながら、公開授業を積極的に行い、様々な先生方の意見をうかがう。

 私はかつての恩師の金言の「人生は一生勉強」という言葉のもと、自主的、自発的に学習したり活動したりする生徒の育成に注力する。

総括

 これが令和4年度一般選考の1次試験論文B問題及び解答例2の論文です。まずまずの出来です。これをさらに校正したものがこちら

東京都教採 令和4年度一般選考 1次試験論文(小学校全科)問題及び解答例2
記事概要 私Garudaが書いた令和元年度の東京都公立学校教員採用試験の、一般選考A問題の論文です。 解答例の1の論文はこちら 問題  あなたは、第5学年の学級担任である。  年度初めの学年会における話合いの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました