自分に合った勉強

スポンサーリンク

自分に合った勉強

勉強の方法が多様化していくような世の中で、自分に合った勉強法を見つけることが、勉強の効率を高める方法であると考えている。

東大合格生のノートはかならず美しい

という本を読んだことがあるだろうか。実際に東大生のノートの写真が本に載っていて、ノートのまとめられ方が記載されている本である。私は、この本のことを東大生と話をしたことがある。この時に言われたことはそもそもノートを取っている東大生というものは学年のトップレベルの脳は持っていないということだ。なぜか。誰もが認める東大生の天才というものは、ノートすら取らないということだ。授業中に勉強したことを全てその場で覚えるため、ノートを取る必要がないということである。

 

これは極端な例かもしれないが、天才というものは天才であるがゆえに効率の良い勉強の方法を持っている。

 

ここまでのレベルはほとんどいないであろうか、この考えを応用することはできる。小学校中学校のレベルの勉強ではやはり暗記が大事になってくる。暗記をするために長い時間勉強しなければならないだろう。しかし一つの事を暗記するのにかかる時間は人それぞれである。一瞬で覚えられる人間もいれば、何らかの障害などによっていつまでたっても覚えられない人もいる。だからこそ全体主義のドリルのようなただひたすら書いて覚えるような課題というのものは、非効率的であると考える。そもそも何回も書いて覚えるというものは非常に効率が悪い。このやり方を小学校中学校では押し付けているように感じる。宿題としてこれらのものを出すのは、良くないと思っている。それぞれのやり方でやりたいようにやらせることが大事。宿題という形で出すのではなく、ただただこれを暗記してきなさいというような自由度の高い宿題を出すことが大事である。しかし幼い子供は暗記の方法がわからないので暗記のやり方を教えるということが大事になってくる。もしかしたら効率が悪い方法があっている子供もいる。だからこそ勉強のやり方が合わない子のために、色々な方法を提示することが大事である。

コメント

  1. […] 自分に合った勉強 自分に合った勉強 勉強の方法が多様化していくような世の中で、自分に合った勉強法を見つけることが、勉強の効率を高… jpgaruda.com […]

タイトルとURLをコピーしました