情報過多の時代に求められる能力

スポンサーリンク

インターネットの普及した情報社会の現代は、誰もが情報を発信することができる。ゆえに、ネットの世界には膨大な情報があふれている。現代は圧倒的な情報過多の時代である。

情報が多い時代に求められる能力は情報を判断する能力や、メディアリテラシー(media literacy)の能力である。要するに、発信された情報の信ぴょう性を見極める能力である。入ってきた情報をすべてそのまま正しいと考えていると、いつか必ず損をする。

「この香水をつけた女性にモテモテ」「このアクセサリーをつけはじめたら100万円もらいました」、こういった広告やうたい文句を聞いたことがあるだろうか。このような広告の通りに、香水をつけたらモテモテに本当になるのだろうか。大多数の人はこのような広告の情報は間違っていると理解できるだろう。情報をすべて鵜呑みにしてしまう人は情報に騙されることがある。

新聞やネットに出た情報すべてが正しいとは言えない。過去の情報が今の情報とは異なることはよくある。歴史上の新しい発見があれば、歴史の教科書が変わることもある。情報が多い時代に自分に入ってきた情報は、その情報が本当に正しいことなのかを理解する必要がある。

インターネットでどんな情報も得られる時代になると、現実世界で得られる情報にも信ぴょう性を求められる。メディアリテラシーの能力のない人がメディアを通じて間違った情報を仕入れ、現実世界で人に間違った情報を伝える。メディアリテラシーの能力があろうとも、人伝いに間違った情報を聞いて信用してしまうと、結果として間違った情報を信じることになる。社会全体としてメディアリテラシーの能力を高めると同時に、個人としても人から聞いた情報を判断する能力も高めていかなければならない。

たとえ、メディアリテラシーの能力を習得しても、メディア以外からの情報の信ぴょう性も判断できるようにならなければいけない。子どもが多くの情報を得る場所は学校であり、教員から授業を通じてたくさんの情報を得るだろう。個人も間違った情報を仕入れてしまうということを考えると、教員が発する情報にも気を配らなくてはいけない。さすがに、教員が専門の教科のことに関して誤ったことを言うこと少ないであろうが、教員の言うすべての情報が正しいとは限らない。情報過多の時代には、すべての外部からの情報にフィルターをかけなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました