新時代のマネタイズ 革命のファンファーレ 現代のお金と広告 【学校においてほしい本】

スポンサーリンク

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 (幻冬舎単行本)  西野 亮廣

スポンサーリンク

概要

芸人でありながら芸人の枠にとどまらず、多岐に活躍する新しいタレント西野亮廣。近年、絵本『えんとつ町のプペル』を手掛け、インフルエンサー的一面も強めている。絵本の制作過程含め、どのように資金を集め収益化していったかを書いた作品。未曾有のマネタイズ方法で、時代に新たな流れを呼び込む。

印象に残った・役に立つと思ったところ(作品引用)

ついつい飛ばしてしまいがちな「作り方を疑う」という作業から始めると、何やら人が手をつけていない問題が出てきた。つまり、その時点で他との圧倒的な差別化を図ることができたのだ。

噓は「感情」でつくのではない。我々は「環境」によって噓をつかされる。

結論から言うと、 クラウドファンディングとは信用をお金化する為の装置だ。

問題は「何を言ったか?」ではなく、「誰が言ったか?」だ。信頼関係のない「イジリ」はイジメだ。

僕にとっては、その肩書き変更に「笑い」が内包されているかどうかなんて、もはやどうでもよくて、そんなことよりも、 肩書きを変える程度のことで炎上してしまう(「肩書きは一つに絞れ」という)世間の風潮が、職業に寿命がやってくる、これからの時代を生きる上で極めて危険だと思ったので、「肩書きなんて、これぐらいカジュアルに変更しても良いんだよ」を、自らの行動でもって表現した。それをやるのは、やっぱり『芸人』の仕事だと僕は思っている。

インターネットにより、全てのものがガラス張りになった今、お客さんの値段感覚は極めて正確だ。

後ろめたいことを1ミリもしていなければ、反対派のエネルギーほど使えるものはない。アンチを手放してはいけない。                

お金を信用に両替することはできないが、信用をお金に両替することはできる。

一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ。

まとめ

 著者西野亮廣氏の一番の武器は「計画力」であると思う。アイデアがいくらでも出てくるクリエイティブな存在でありながら、計画に計画を重ね、慎重に物事を進めている。しかし、練りに練った計画をもってしても、著者は何度もミスをしている。そのうえでミスから学び、新しい計画を何度も生み出している。ミスを重ね、そのミスを改善し、起こりうるミスが全てなくなった時、完全体西野亮廣は世界を席巻しているはず。
 いずれ西野氏は、時代を代表する日本人になっているであろう。グローバルに活躍する人間になってから本書を読み始めては、時代についていけない。今、西野亮廣を知るべきだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました