Dangling Rope

スポンサーリンク

Dangling Rope

On this fine Sunday morning, Ken is walking his beloved dog in the park with a leash in one hand and a twig in the other. The twig is for the dog to fetch. He has been playing fetch with the dog ever since he moved into the apartment building in the neighborhood. The park is great as it is situated right in front of the apartment complex.

As he makes his way up the park along the fence, a fellow dog walker is heading this way. He cannot make out the dog’s breed from this distance, but as the dog owner heads toward him, he recognizes the dog’s breed; a fine black Doberman. The dog is tugging on a leash. At the end of the leash is a tall man with kind eyes.

“Hello. Good day for a walk, isn’t it?” the man asks me.
“Yes, Indeed,” Ken responds with a smile.
“Out for a morning stroll as usual?” he says.
“Yeah,” Ken says. He is slightly confused at the question. His inner thought asks ‘as usual? He knows me?’

But he shrugs off the question. Ever since he moved into the neighborhood, he has conversed with many people who are mostly nice (some weird and the weirdos always dress in sweatpants or pajamas) and they ask him how he is doing.

So, he walks on with his dog and a twig. But he pauses for a quick glance at the man with a Doberman. The man’s long white coat billows out in the wind. And the wind brings a familiar smell of disinfectant and laundry detergent from the building.

He walks a few meteors on, and this time he turns around to look at the man’s magnificent dog.
“I wish my dog is just as energetic as his,” Ken talks to himself and looks at the frail leash that’s dangling from his hand.

As he is about to finish one lap of the park, he runs into his mother who visits him occasionally from outside the town.

“Hi mom. I did not know you are visiting me today.”
“Yes. I was out shopping and I figured I should drop by and see you.”
“See me and my dog,” I correct her. She hasn’t grown too fond of him yet.
“Right. Nice to see him too.”

Since it is such a beautiful morning, he asks his mother to take a photo of him and the dog with her brand new iphone. He hasn’t had a phone in years.

“Sure, say cheese,” says Ken’s mother, tapping at the screen to take a photo.
“Thanks. Can I take a look at the photo?”
“Umm… okay.” She says reluctantly for some unknow reasons.

In the photo is Ken. And a rope dangling from his hand. A twig. And…and…nothing. Behind the young man is an ominous brick building. The building bears a sign that reads “Fukuoka Mental Institution.”

 

ぶら下がったロープ

気持ちのいい日曜の朝、ケンは愛犬をリードにつないで、逆の手に木の枝を持ちながら、公園を歩いている。木の枝はフェッチをするためのものだ。彼が近くのアパートに引っ越して以来、彼は愛犬とフェッチでずっと遊んでいる。
集合住宅の正面右に位置するのもあり、その公園はちょうどよい。

フェンスに沿って彼が公園の道を進んでいると、犬を連れた男がやってくる。彼は遠くから犬の犬種(breed)を理解できなかったが、飼い主が彼の方にやってきて、その犬種を認識した;黒の素晴らしいドーベルマンだ。ドーベルマンは革ひもを引っ張っていた。ひもの端には背の高い優しい目の男性がいた。

「こんにちは。散歩に最適な日だろう?」男は私に話しかけた
「うん、本当にね」ケンは笑顔で返した。
「いつものように散歩かい?」彼は言った。
「うん」ケンは言った。彼はその質問に対し、わずかに困惑した。彼は内心、(普段?彼は僕のことを知ってる?)と自問自答していた。

しかしケンはその質問を一笑に付した。ケンが近くに引っ越してきて以来、彼はたくさんの良い人(何人かは変な人で、変人たちはいつもパジャマかスウェット姿だった)と会話をしていたし、彼らとはいつも挨拶をしていた。

だから、ケンは犬と木の枝と一緒に歩いた。しかしケンは立ち止まって、男とドーベルマンをちらっと見た。男の長い白いコートが風に吹かれていた。そしてその風はよく知った消毒薬と洗濯用漂白剤の香りをその建物から運んできた。

ケンは数メートル進んで、ケンは男のでかい犬見るために振り返った。
「僕は僕の愛犬があなたのと同じくらいエネルギッシュならいいのにと願う。」ケンは独り言を言って、彼の手からぶら下がっているぼろい革ひもを見た。

ケンがまもなく公園を一周し終えるというときに、時たま町の外からケンのもとを訪れる母親とばったり出会った。

「お母さん。今日お母さんが来てるなんて知らなかったよ。」
「そうね。買い物に出かけたとき、あなたを見に立ち寄った方がいいと思ったのよ」
「僕と犬を見て」僕は彼女の発言を訂正する。彼女はまだ犬のことが好きになっていない。
「わかった。あなたにも会えてうれしいわ」

こんなにも天気がいいということで、ケンはお母さんに、新しいアイフォンで、彼と愛犬の写真を撮ってくれるように頼んだ。彼は長年、携帯電話を持っていなかった。

「もちろん、はいチーズ」ケンの母は言った、写真を撮るためにスクリーンをタッチして。
「ありがとう。写真見ていいかな」
「うーん…わかった」彼女は、なにがしかのよくわからない理由により、嫌そうに言った。

写真の中はケンだった。そして彼の手からロープがぶら下がっていた。木の枝。そして…その先には…なにもない。若い男の後ろには、不吉なレンガ造りの建物が建っていた。建物には「福岡精神科施設」と読める標識があった。

Q1 1段落目の2行目にある“a twig in the other”の後に省略されている1語を書きなさい。

A a twig in the other hand

Q2 He cannot make out the dog’s breed from this distance, but as the dog owner heads toward him, he recognizes the dog’s breed; a fine black Doberman.を和訳しなさい。

A 彼は遠くから犬の餌やりの仕方を理解できなかったが、飼い主が彼のほうにやってきて、彼は元気な黒いドーベルマンへの餌やりを教わった。

Q3 Ever since he moved into the neighborhood, he has conversed with many peopleを、文法を意識して和訳しなさい。

A ケンが近くに引っ越してきて以来、彼はたくさんの人との会話を経験していた。

Q4 he pauses for a quick glance at the man with a Doberman.は何文型の文章であるか。1~5の数字を書きなさい。

A 1文型

Q5 runs intoとはどういう意味か

A 偶然出会う、ばったり出くわす、など

Q6“See me and my dog,” I correct her.のherは何を表しているか。

A 母親の発言(herは所有格ではなく、目的格であり、herの後の語が省略されている)

Q7 客観的に見て、ケンはどのような少年か。自由に英語で書きなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました