人口減少と英語教育

スポンサーリンク

日本は現在、少子高齢化の問題に直面している。由々しき問題である。日本はこの問題の改善に真剣に取り組まなければならない。もちろん子どもがいなければ教員も必要ないので、教員も無視できない問題である。

 

私は中学生に英語を指導していた。私は、自分の生徒には英語が使える大人になってほしいと心から願っている。そのためにも、いろんな先生の英語の授業の見て、自分の授業を何度も鑑み、自分の授業力向上に努めてきたつもりである。自分の生徒の英語力の向上に訳に立てれば、それこそ本望である。

進路指導で、生徒が海外の学校に行きたいと言えば、喜んでその考えを尊重する。正直に言えば、英語圏の国で暮らすことの方が、私の授業を受けるより生徒の英語の力を高めるからだ。現状の私の英語の指導力はそんなもんである。

もちろん、教員が授業力を上げ続けることは当たり前のことだろう。だが、英語教育が進歩していくにつれ、英語を流暢に使える人が増えるようになると、日本人は海外に流出するのではないかとも思う。私自身、今後の日本が世界経済の中でどうなっていくのかを考えれば考えるほど、日本から出て海外に行きたいと思う子どもが増えるのではないかと思う。

私の大学時代の友達には、海外で働いてみたいけれど、英語ができないから日本で就職する、という友達がいた。「努力しろよ」で一蹴する話ではあるが、英語ができるのなら海外で働きたいという人は一定数いると感じる。これから英語ができる日本人が増えれば、日本からどんどん人が減っていくのではないか。

海外でいろいろな経験を積むことは素晴らしいことである。ただ、結果として、日本に若者がいなくなっても困る。海外に出る日本人が増えれば、ただでさえ子どもが減っている現状の日本の少子高齢化の問題が、さらに深刻化してしまう。

人口減少の問題を解決するためにも、日本の政府には何かしてほしい。ただ、何が起きようと、英語の教員は生徒の英語の能力を上げようとし続ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました